浴室クリーニングをするときに服装を何にするかで掃除の出来栄えが変わるというのは本当でしょうか?
確かに服装によっては動きやすいものから動きにくいものまであります。
浴室クリーニングにあった服装選びを紹介します。
たかが服装と思うかもしれませんが、服装を変えるだけで作業時間なども短縮できることもあり得るので、準備がいかに大切かを学んでください。
そんな掃除をするときにあった服装選びについて詳しく紹介します。

浴室クリーニングは服装で変わるの?

浴室クリーニングは服装で変わるの?

浴室クリーニングをするときに、着替える必要があるのでしょうか。
疑問に思う人も多いでしょう。
浴室クリーニングをするときは、汚れが服に付いたり、水でぬれたりします。
普段生活をしているときの複素を汚したくない人は着替えてから汚れてもよい服を着るようにしてください。
実は着替える理由はそれだけではなくいろいろな不都合な面があります。
掃除をするときに、なぜ服を着替えるのかを詳しく説明します。

◇動きやすさなどの機能性重視

浴室クリーニングをするという事は、本格的な浴室掃除をするという事です。
その中で汚れや、作業の邪魔にならない服装をするという事は必然ではないでしょうか。
掃除途中で腕まくりをしていたら袖が落ちてきたりして汚れが付いたりした場合は、掃除以外で時間がとられてしまいます。
静電気が発生して、服にいらないゴミが付着しないようにできます。

◇着替えることでやる気を出させる

それだけではありません。
服を着替えて機能性が良い服になると掃除をしやすくなり、今からやるぞという気持ちになります。
やる気が出るというのが一番大事なことなので、掃除がはかどります。

掃除にあった服装にする

掃除にあった服装にする

掃除をするときの服装というものは重要です。
動きやすくて汚れても気にならないような服を着るのがベストな服装です。
そう考えるとどのような服装にするのがいいのかがわかってきたのではないでしょうか。
ここでは、浴室クリーニングをするための服装について紹介しています。

◇頭部とネックの服選び

浴室クリーニングをするときに一番大事なのが頭部です。
頭は関係ないのじゃないのと思うかもしれませんが、頭を覆っておかなければカビや菌などが付着する可能性があります。
また、顔に直接菌が付着して口の中に入ったりすると病気を発症する可能性もあります。
その為、頭部にバンダナか三角巾を撒いてから相違をするようにしましょう。
それだけでは口が無防備のままです。
口の中にカビなどの菌が入らないようにマスクをしてから掃除をしましょう。
最後に首ですが、ネックレスをしていたりすると洗剤が付着して色が変わったりして大事な宝石をダメにしてしまう可能性もあるので、極力飾り物を全て外しておきましょう。

◇手とトップスの服選び

手やトップスにも注意が必要です。
女性の場合は指輪やブレスレットなどを付けている人も多いのではないでしょうか。
高価な指輪やブレスレットは掃除中に傷をつけたり洗剤がついて変色したりしても大変なので、全て外しておきましょう。
男性の場合でも腕時計をしている場合は外してから掃除をしましょう。

浴室クリーニングに向いているトップスと言えば割烹着が一番ではないでしょうか。
現代ではなかなかないので、機能性が非常に良いのは袖まくりがしやすくて、汚れてもよいトップスを着るようにしましょう。
トップスの前提は動きやすくて汚れてもよいという点で考えてから服選びをしましょう。

◇足とボトムスの服選び

次に足とボトムス選びです。
ボトムスはトップスと同じように動きやすくて伸縮する服を選びましょう。
あとは汚れても構わない服という事になります。
足元は浴室クリーニングの場合は水を使っていくので、基本ははだしで作業します。
下半身の場合、半ズボンでも問題はありません。
洗剤がついてもはだしなのですぐに水洗いができます。
伸縮性が高いものを吐きましょう。
掃除中は建ったり座ったりを頻繁にするので足が楽に建ったり座ったりできる物を着ましょう。

浴室クリーニングで来てはいけない服装

浴室クリーニングで来てはいけない服装

浴室クリーニングの時に着る服で来てはいけない服というのもあります。
あくまでも人に見せる服装ではなく、機能性が良くて掃除がしやすい服装にする必要があります。
これだけはやめておいた方が良い服装というものもあります。
具体的にどんなものがあるのか見てみましょう。

◇着てはいけない服装トップス編

これだけはやめておいた方が良いというトップスの服装はダボ付いたトップスです。
掃除をするときにやりにくいだけではなく、洗剤などが服につきやすくなります。
できるだけ身体にフィットしていて、掃除中に洗剤が付かないかなどを気にしなくてよいトップスを選びましょう。

◇着てはいけないボトムス編

ボトムスの場合もダボ付いたパンツは床に付いたりしてぬれたり汚れたりしやすいのでやめて負いた方がいいでしょう。
あと、正反対のデニムジーンズなどはぴったりとしているのはいいのですが、建ったり座ったりするのが難しくて、思っている以上に掃除がし難い生地とタイプです。
若干ゆとりがある程度のボトムスで、ゆとりがありすぎてもあまりよくありません。
程よく足にフィットしていてゆとりもあるようなボトムスがおすすめです。

風呂掃除は服装を変えることでどんなメリットがあるの

風呂掃除は服装を変えることでどんなメリットがあるの

浴室クリーニングを行うときの服装は重要であるという事はここまでの説明で分かったのではないでしょうか。
具体的にどのようなメリットがあるのかと言えば作業が楽にできます。
楽な服装をすることで作業効率が上がり、服が汚れても気にしないで作業を続けられます。
作業効率が上がれば作業時間も短縮できます。
2時間か買うところを1時間30分で終われば、残りの30分間は自分の自由に使えます。

◇掃除の出来上がりの変わってくるのでは

服装を掃除バージョンにすることで楽にできて集中できるという事は話しましたが、それによって浴室クリーニングの出来上がりが全然違う可能性があります。
ちょっとしたことかもしれませんが、浴室の見えない部分の掃除をするときには服が汚れることを気にしていると思ったように掃除はできません。
その点服装を気にしないで掃除に集中できればやりにくい場所でも難なくできるのではないでしょうか。
たかが服装かもしれませんが、ちょっとしたことで作業効率や出来上がりに大きく影響するものです。

浴室クリーニングは服装で仕上がりが変わる!おすすめの服装はこれだ!まとめ

まとめ

浴室クリーニングをするときの服装について詳しく説明をしてきました。
たかが掃除と思ってはいけません。
浴室クリーニングは重労働です。
そんな作業をするときに、自由が利かないような服装や装飾品を身に着けていると、効率も悪くなるし変なことに気を使ってしまってうまく浴室クリーニングができないのではないでしょうか。
最高の浴室クリーニングができるような服装について紹介してきましたが、わかったのではないでしょうか。

初回限定1000円OFF

【2020年05月30日 14時34分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【2020年05月30日 14時34分現在】 
お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事