今まで自分でしか浴室クリーニングを行ってこなかった人や、掃除自体を適当に行ってきた人には必見の情報です。
プロの業者に一度依頼してみると須吾技に驚くのではないでしょうか。
プロの業者に依頼することで浴室がピカピカになるだけではなく、普段の浴室クリーニングのやり方を教えても会えます。
それではプロの技を紹介します。

浴室クリーニングを業者に依頼する理由

浴室クリーニングを業者に依頼する理由

浴室クリーニングは自分でできればお金もかからないので家計にも助かりますが、なかなか思ったようには掃除ができないのが現状です。
自分で浴室クリーニングをするだけでは不足していて、最終的には業者のプロの力を借りる必要があります。

◇浴室クリーニングのDIY

浴室クリーニングを自分でするのには時間と労力が必要になります。
普段の掃除と言えば、浴槽をきれいにしたり、床や鏡をバスマジックリンで掃除をしたりする程度です。
きれいに汚れを取ることができずに徐々に水垢やカビが発生してきていき蓄積されて、ちょっとやそっとでは取れなくなります。
これが自分で浴室クリーニングをする限界ではないでしょうか。

◇浴室クリーニングを業者へ依頼する理由

気が付いたら水垢が徐々に蓄積されて、こすっても簡単には取れないぐらいになっていました。
浴室内に洗面台があると、どうしてもそのあたりが空気の流れが悪くなるようでカビも生えやすく、掃除も行き届きません。
自分で何度か大掃除をしてみましたが、こびりついた水垢の汚れを取るにはかなりの労力が必要でした。
「激落ち君」のようなメラミンスポンジを使えば、なんとか落ちるのですがかなりの時間がかかります。
ここまでくると自分できれいにするのにも限界があります。
プロの業者に依頼することも視野に入れなければいけません。

浴室クリーニングの業者への依頼手順

浴室クリーニングの業者への依頼手順

業者へ浴室クリーニングを依頼する場合、どのようなことに気を付けてから依頼すればよいのでしょうか。
初めて業者に依頼する場合、これだけは気を付けておくべき事項を紹介します。

◇掃除してほしい場所を伝えておく

「黒カビが気になるけど、お風呂掃除の業者に来てもらったしちゃんときれいになるはず」と思っているだけではだめです。
お風呂掃除の業者には特に掃除をしてほしいところを伝えないと、見落としてしまう可能性もあります。
黒カビや水垢など、気になる部分はしっかり伝えましょう。

◇エプロンは閉めない

高圧洗浄機などで洗ってきれいになったあとのエプロンをそのまま閉めてしまうと、湿気が溜まりカビの原因になってしまうことがあります。
きれいにしてもらったエプロンの内部はしっかりと乾燥させてから閉めるようにしましょう。

◇自社のホームページがきちんとある

お風呂掃除の業者の中には、自社のホームページを持っている業者もあれば、ホームページを持たず情報サイトに登録している業者もいます。
自社のホームページのある業者は、ホームページの中で今までの施工事例・お客様の声・施工実績など、施工したらどのような仕上がりになるかが具体的にわかるほか、料金のページを用意しているなど予算が計算しやすくなっているものもあります。
ホームページを持っている業者はそれだけ信頼性があり、口コミなどがあるとなお優良業者であることがわかります。

◇損害賠償保険に加入している

大手や個人経営に関わらず、損害賠償保険に加入していることは重要です。
もし風呂のガラスを業者が割ってしまったり、床を傷つけたり、鏡に傷をつけてしまったということが起こった際、損害賠償保険に加入している業者であれば保証対応をしてくれます。
損害賠償保険に加入していない業者は責任を取れないため、ホームページでしっかりと確認をしましょう。
何かトラブルが起きても安心していられます。

◇電話対応が丁寧

いくら評判がよくても、実際電話をしたり、窓口に相談に行ったりした際に対応が悪いと施工してもらうときもこんな態度なのかもと不安になってしまいます。
電話で依頼する際に業者の対応がわかるといってもよいでしょう。

浴室クリーニング業者の作業手順とポイント

浴室クリーニング業者の作業手順とポイント

業者に依頼した場合の具体的な職質クリーニングの作業手順を見てみましょう。
業者の場合は専用の洗剤や道具を持っていますが、掃除の手順としては自分でする場合とあまり変わりません。
掃除をするときのやり方は理にかなった洗剤と道具の使い方をします。
一度業者に依頼して掃除をしてもらうと次からは、自分でも業者と同じ手順でできるようになるため勉強になります。

◇養生をする

お風呂の扉の周りにビニールを広げ、水が外に出ないように養生をします。
掃除をする際は扉やサッシもきれいにするため、扉を開けっ放しにする必要があります。
ですが、開けっ放しにすることで水が外に漏れるおそれがあるため、それを防ぐために扉の周りにビニールを貼って養生をします。
これはプロならではなお掃除方法ではないでしょうか。
自分でここまでの準備をしてまで掃除はしません。
また、お風呂掃除の業者はそれだけではなく「水養生」という作業もします。
水養生とは洗剤による変色を防ぐために、洗剤を使う前に全体にシャワーをかけるなどして濡らすものです。
これが終わると本格的にクリーニングが開始になります。
ここまでの作業をプロの業者であれば手際よくやってくれます。

◇エプロンを外す

エプロンとは、浴槽の側面を隠す部品のことです。
普段これを外してまで掃除を擦ることはないので、業者の作業を見ているだけで勉強になります。
これは外れない場合もありますが外れる場合は外します。
このエプロンを外すことで天井・壁・窓をきれいにすることができます。

◇天井をきれいにする

まず天井をきれいにします。
天井はお風呂掃除の業者によって使う道具はさまざまですが、モップのようなものなどで磨いていきます。

◇壁・窓をきれいにする

天井が終了したら壁や窓をきれいにしていきます。
壁や窓は高圧洗浄機を使ってきれいにしていきます。
ここでも高圧洗浄機という特殊な機器を使って水圧できれいに清掃してくれます。

◇エプロンの外側をきれいにする

外したエプロンの外側を高圧洗浄機できれいにします。
一気にきれいになります。

◇排水溝周りの部品を洗剤につけおきします。
つけおきすることで後は水で洗い流すだけで汚れやカビが取れます。

排水溝周りの部品を洗剤につけおきしておきます。

◇扉のゴムパッキン・サッシ・ガラスを綺麗にする

扉のゴムパッキンの黒カビを取り除いたり、ガラスを掃除したりします。

◇排水溝周りの部品を洗剤につけおきする

排水溝周りの部品を洗剤につけおきしておきます。

◇<エプロンの内部をきれいにする/h3>

床・排水溝・蛇口の汚れを取れば終了です。
床・排水溝・蛇口の汚れを取ります。

◇床・排水溝・蛇口をきれいにする

<床・排水溝・蛇口の汚れを取れば終了です。

浴室クリーニングを業者に依頼するメリット

浴室クリーニングを業者に依頼するメリット

プロの業者に浴室クリーニングを依頼することでどんなメリットがあるのでしょうか。
メリットがなければ依頼する意味がありません。
今回業者に依頼することで得られるメリットを見てみましょう。

◇プロならではの掃除をしてくれる

風呂掃除の業者は、さまざまな洗剤や道具を持っているため浴室内の頑固な汚れなどをきれいに掃除することができます。

◇難しい場所を掃除してもらえる

普段の風呂掃除というと浴槽やお風呂の壁、床で終わりがちですが、浴槽の裏側など普段自分の手では届かない場所もお風呂掃除の業者は掃除してくれます。
この時こそなかなか落とせない鏡のうろこ汚れやゴムの黒カビも掃除をしてもらいましょう。

◇時間の余裕ができる

自分でやると一日がかりになる掃除も、お風呂掃除の業者に依頼することでその間の時間を自由に過ごせます。

◇掃除のコツを教えてもらえる

お風呂掃除の業者はプロなので、掃除をしてもらう際に自分でもできる掃除のコツなどを教えてもらいましょう。
プロの掃除の仕方をレクチャーしてもらえるのは依頼しなければ教ええもらえません。
次回以降の掃除に役に立ちます。

浴室クリーニングはプロの業者に依頼すべき!プロの技を習得できる!まとめ

まとめ

浴室クリーニングを自分でするよりも業者に依頼してやってもらった方が役に立つことが分かったのではないでしょうか。
自分でやってもカビが生えたり水垢が溜まったりする場合は、一度業者の掃除を見てから勉強することも必要ではないでしょうか。
業者に依頼するときのポイントや作業手順について紹介してきました。
お金はかかりますが、依頼する価値はあります。

初回限定1000円OFF

【2022年10月04日 03時53分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【2022年10月04日 03時53分現在】 
お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事