キッチン回りの天井の汚れの代表的なものはコンロ青使う真上の天井を汚す油と水蒸気がミックスされたものではないでしょうか。
キッチンの掃除はするが、天井の掃除まで行き届かない、どう掃除をしたらいいのかがわからないという人には参考になる情報を紹介します。
普通の主婦でも簡単に天井の油汚れを落とすことができる掃除のやり方について詳しく紹介します。
よく読んで今後の掃除に役立ててみてください。

キッチンクリーングの汚れの原因

キッチンクリーングの汚れの原因

家の中でも特に掃除しにくい場所の1つが天井周りではないでしょうか。
特に天井の中でも、汚れがひどくなる場所にはキッチン周辺の天井があります。
毎日の料理で油などの汚れが付着してしまっています。
キッチンの天井の汚れはどのような原因でついているのでしょうか?詳しく紹介します。

◇油じみ・油性の黄ばみ

天井に着いている油を含んだ汚れは、ちょっとした油汚れを落とす効果がある食器洗い用洗剤を使ってきれいにすることができます。
キッチンまわりの壁は調理中の油や油煙で特に汚れやすく、油じみや油性の黄ばみができやすい箇所です。

◇カビ

天井には、汚れが酷くなり放置していると黒ずみが見えてきてカビが出てきた場合、早い段階で表面にあるくらいならば、ワイパーを使って拭き掃除程度できれいになります。
しかし、時間が経ってカビが壁内にも入り込んでいる場合は、表面はきれいにできても、壁の奥まではきれいになりません。

◇ヤニ

同じ天井の都後れでも変色引き起こす主な要因は手あかとたばこのヤニです。
普段換気扇の下でたばこを吸う習慣をつけている場合は、たばこのヤニが、部屋全体が黄ばみ変色してしまう汚れです。
特に天井には煙が上に上がりヤニが付着します。

キッチンの天井の掃除方法

キッチンの天井の掃除方法

普通の主婦でも簡単にできるキッチン回りの天井の掃除方法を紹介します。
普段の掃除の中の一環としてキッチンの天井掃除も楽にできる掃除のやり方です。

◇天井掃除で用意する道具

高い天井を掃除するときに役に立つアイテムとしてクイックルワイパーを用意します。
キッチン用掃除シートを使って天井につけた洗剤を取るのに役立ちます。
重曹が使われていて、化学洗浄成分が使われていないので安心安全です。
最後に乾いた雑巾で乾拭きをします。

◇掃除をするときの注意点

天井に使われている壁紙の材質によって掃除方法も変えなければいけない時があります。
天井の材質確認をしましょう。
天井の壁紙はビニールクロスが一般的に使われています。
しかし中には、水拭きができない素材の壁紙が使われていることもありますので、水拭き可能な素材か確認してから掃除をする必要があります。
火災防止のために、掃除中はコンロの使用は禁止で、雑巾やシートなどを火の近くに置かないように注意しましょう。
安全確保のために、足元にものを置かないようにしましょう。

◇キッチンの掃除の手順

クイックルワイパーにキッチン用の掃除シートを取り付けて、天井を拭きます。
隅のほうも忘れずに拭くようにしましょう。
次にクイックルワイパーに雑巾を取り付けて、先ほど拭いた部分を乾拭きします。
このときに天井の壁紙などに傷がつかないためにも力まず優しく拭き取ります。

原因別の汚れの落とし方

原因別の汚れの落とし方

ここまで天井が汚れる減について詳しく見てきました。
天井掃除は原因によって掃除方法や洗剤などが変わってきます。
その汚れ別の掃除のやり方を見ていきましょう。

◇油じみ・油性の黄ばみの落とし方

油じみ・油性の黄ばみは、今から説明する3つのステップで落とします。
洗剤を入れた水で汚れを拭きます。
頑固な汚れの場合は、洗剤水を含ませたキッチンペーパーなどをしばらく汚れに貼り付けたあとに拭く水拭きをして、洗剤を含んだ水を拭き取り、乾拭きをします。

◇カビの落とし方

天井にカビが生えてしまった場合は、壁表面のほこりを落とします。
雑巾などの水拭きで汚れを取っていきます。
塩素系漂白剤を汚れに塗っていきます。
水拭きをして、漂白剤を取るために乾拭きをします。
これでカビはきれいに落とせるのではないでしょうか。

◇ヤニの落とし方

ヤニは結構天井に根深くついているので、汚れを落とす洗剤をスプレーします。
10分ほど時間をおいてからアクリルたわしや、メラミンスポンジ・ブラシなどでこする水拭きできれいに拭きます。
その後、乾拭きをします。
汚れを落とす洗剤は、住宅用アルカリ洗剤や水でうすめた重曹、水で薄めたセスキ炭酸ソーダ水などが向いています。

おすすめの天井の掃除方法

おすすめの天井の掃除方法

料理をすればどうしても油汚れが天井についてしまいます。
放置するとべったり付いちゃうので、半年に1度ぐらいはお掃除したいポイントです。
ワイパーに雑巾を取り付け、汚れの目立つ箇所は後回しにして、汚れの少ない部分から掃除していきましょう。

◇用意するもの

掃除を始める前に柄の長いワイパー・マイクロファイバー素材の雑巾(普通の雑巾よりも吸収力が高い)・アルカリ電解水を用意します。

◇ワイパーに雑巾を付ける

マイクロファイバー素材の雑巾にアルカリ電解水を吹きかけておきましょう。
マイクロファイバー素材のそのマイクロファイバー素材の雑巾をワイパーに取り付けます。
天井を拭くためのマイクロファイバー素材の雑巾には、こちらを吹きかけましょう。
天井の油汚れももちろん、壁についたタバコのヤニや垢の掃除にも便利で、しっかり汚れを落としてくれます

◇ワイパーで天井を拭く

ワイパーを使って、天井をこするように掃除していきましょう。
換気扇まわりなど汚れの強い箇所を最後に掃除してから掃除完了です。
アルカリ電解水はもともと水なので、2度拭きする必要はないのでそのまま乾くのを待ちましょう。

◇天井掃除をするときの注意点

アルカリ電解水も洗剤、目などに触れないようご注意ください。
目などに入ると失明をする可能性もあるので注意が必要です。

天井の余語俺を主婦でも簡単に落とせるマル秘掃除法!まとめ

まとめ

キッチンの天井の汚れの現任とその解決策を詳しく紹介してきました。
天井周辺には汚れの種類がいくつかあり、汚れに合わせた洗浄方法があるという事がわかったのではないでしょうか。
汚れの種類がわからなければいくら掃除をしてもうまく汚れが取れないという事も分かったのではないでしょうか。
汚れに合わせた掃除をして、その後の毎日を有意義に過ごしていきましょう。
それだけ重要なことだという事です。

初回限定1000円OFF

【2020年08月07日 10時34分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【2020年08月07日 10時34分現在】 
お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事