キッチンを掃除するときにいろいろな汚れが発生します。
発生した汚れを落としていくにはそれなりの道具や洗剤が必要になります。
皆さんはどのような洗剤や道具を使っていますか。
今回キッチンクリーニングで役に立つプロが厳選した道具や洗剤を紹介します。
紹介している道具や洗剤を使っていないという人は一度試しに使ってDIYしてみてください。
今まで以上にキッチンがきれいに仕上がります。

シンクに溜まる汚れと簡単な掃除方法

シンクに溜まる汚れと簡単な掃除方法

キッチンクリーニングの中でも基本中の基本が、シンク内の掃除です。
シンク内の掃除は毎日軽い掃除をすることでそこまで汚れることはありません。
シンク内の簡単な掃除方法を紹介します。

◇シンクの掃除

シンクの汚れた部分に洗剤をかけ、軽くスポンジで擦っていきます。
擦った箇所を流水で洗い流します。
最後に布巾でから拭きを行う。
これを毎日行っていれば、シンク内はそこまで汚れませんし、水垢もあまり付きません。

◇排水口の掃除

排水溝は悪臭やぬめりが一番発生しやすい箇所です。
頻繁に掃除をすることで、汚れ予防・除菌・防臭が可能となります。

排水溝の掃除
最初に排水溝に溜まった生ごみを取り除きます。
汚れた部分に水回り用の中性スプレーをかけてスポンジで擦ります。
水で洗い流して完了です。

プロがおすすめの洗剤

プロがおすすめの洗剤

キッチン回りの掃除をするときに使う洗剤はたくさん販売されています。
最新の洗剤を使えばよいというわけではありません。
キッチンクリーニングを成功させるには洗剤選びが重要です。
プロが教えるおすすめの洗剤を紹介します。

◇重曹

重曹はプロがおすすめする汚れ落としのプロと言われている洗剤の1つです。
手軽に手に入る割にはいろいろな汚れ落としの役に立ちます。
重曹が人気の秘密である汚れ落としの3つの特徴を紹介します。

アルカリ性洗剤
1つ目は弱アルカリ性洗剤という事です。
酸性の油汚れだと中和してくれて簡単に落とすことができます。
また、生ゴミや靴などが発する酸性の臭いも中和してくれて消臭効果があります。

粒子が細かい
2つ目は粒子が細かく水に溶けにくいという事です。
重曹を汚れにかけてこすると、研磨してから削り落としてくれます。

発泡性がある
3つ目は発泡性があるという事です。
重曹を温めると、二酸化炭素が発生します。
この特性を利用して、汚れや焦げ付きなどを浮かせて剥がすことができます。

◇セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダとは、重曹と炭酸ナトリウムを合わせたものを言います。
主に家庭用洗剤や入浴剤として使われている成分が含まれていて、界面活性剤を使用した有機物の家庭用洗剤よりも環境に優しいことから、プロからも近年注目を集めています。
ナチュラルクリーニングの初心者にとっても使いやすいアルカリ性洗剤ではないでしょうか。
手触りがさらさらした結晶状のため扱いやすく、常温で長期保存していると長期間使えます。
重曹と炭酸ソーダの中間のような物質で、口に入れても問題ないため、赤ちゃんがいるご家庭にもおすすめの洗剤です。
100円ショップやホームセンター等で入手出来ます。

セスキ炭酸ソーダのその効果とは
セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすい特徴があるため、掃除のときの洗剤として使うと効果的です。
水に溶けやすい特徴から液状スプレーなどにしても使えて、さまざまな場所の汚れを取ることが出来ます。
そして自然由来成分で環境に優しいため、安心して使用できるので便利な洗剤です。
苦手な汚れもありますが、得意な汚れにはとても大きい効果を発揮します。
しかし、弱性のアルカリ性のため、頑固な汚れ落としには不向きです。
強アルカリ性の洗剤や薬品は扱うのが危険なため、酷い汚れを落とすにはプロのクリーニングにお願いしましょう。

◇カビキラーキッチン泡スプレー

排水口まわりのヌメリや雑菌をこすらずに分解するキッチン用漂白剤です。
カビキラーの強力な除菌力で汚れを落としてくれます。
その分手に付いたら危ないので、使うときはゴム手袋をしてから使いましょう。
詰まった網目もスッキリ掃除ができ、排水口やシンクなど様々な箇所への使用できます。

◇ティンクル

ティンクルは除菌もできる水まわり用のキッチン用洗剤です。
抗菌剤を配合しているので、排水溝のイヤな臭いを抑えるだけでなく、曇りやぬめりもすっきりと落としてくれます。
シンクに残った頑固な水跡の汚れにも効果的です。
キッチンの他にも、洗面台のボールや蛇口などにも使えます。
酢を主成分とした、弱酸性洗剤がティンクルです。

プロがおすすめの掃除道具6選

プロがおすすめの掃除道具6選

キッチンクリーニングをするときに決め手となるのが洗剤や道具です。
どんな洗剤や道具を使うかで、掃除後の出来上がりが大きく変わります。
今回は、キッチンクリーニングの時に使うと汚れが良く落ちる洗剤・道具の10アイテム紹介します。

◇メラミンスポンジ

メラミンスポンジはドイツで開発された新素材の高品質メラミンフォーム採用しているスポンジです。
なんといっても一番の特徴は、洗剤を使わずに水をつけて軽くこするだけで、シンク内の酷い汚れも拭きとることができます。
また、使う人のことを考えて、使いやすいサイズで使用できるようにカット済みラインが入っているのも便利な点です。

◇スコッチブライト

スコッチブライトは、クリル系とポリエステルフィルムを編み合わせた、ハイブリッドネットです。
掃除をするときは、シンクや洗面台周りにキズをつけません。
ヌメリやくもりの汚れが、スポンジと水だけで落とせる優れものです。
ミニサイズで小回りがきき、細かい箇所の汚れまで拭き取れます。

◇びっくりフレッシュ グリーン

こちらのびっくりフレッシュ グリーンも、水だけでも汚れが落ちるシンク洗いブラシです。
スポンジ先端部で隅まで洗えるので、三角コーナーの汚れや排水溝のぬめりの掃除におすすめです。
柄の先端部のヘラを使っても掃除できて、へらを使って媚びりついた汚れを落とすのにも便利です。

◇ポコ イエロー

ポコ イエローは、タワシ感覚でゴシゴシしやすいコンパクトサイズのブラシです。
グリップが持ちやすく、硬めのウェーブ毛ブラシが洗剤をしっかりキャッチしてくれるので、がんこな汚れ落としにも効果的です。
また、POCO吸盤にブラシをはめることで収納ができるので、水切れよく清潔に保管できます。

◇超吸水スポンジブロック

超吸水スポンジブロックにはバツグンの吸水性があり、水戻りが凄く速いのが特徴です。
拭く・絞るを繰り返すことで、スポンジの吸水力を保つことができ、継続的な掃除ができます。
キッチンや洗面台の汚れをしっかり拭き取るのにピッタリです。

◇ニューホーミング

ニューホーミングは、成分の約半分が研磨剤になっている、粉末クレンザーです。
ニューホーミング水垢はもちろん、サビ落しとしても使用できるので、どんな頑固汚れもしっかりと対応してくれます。
きめの細かな粒子と界面活性剤配合で、水質などにこだわらなくとも掃除に使えます。

プロがおすすめの掃除方法

プロがおすすめの掃除方法

キッチンクリーニングで素人が一番厄介なのが水垢取りと排水口の掃除です。
今まで汚れがなかなか落ちないで困っていた人は、ここで紹介している掃除を実際にやってみてください。
想像以上に汚れがきれいに落とせて掃除が楽しくなります。
プロがおすすめする掃除のやり方を詳しく紹介します。

◇水垢取り

水垢は、水道水などに含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが、水分が蒸発した後も残ってしまったアルカリ性の汚れです。
アルカリ性の汚れを除去するのに最適なのが、クエン酸など酸性洗剤です。

水垢取りをするには最初に重曹水をスプレーして、次にクエン酸または穀物酢のスプレーをかけます。乾いた布巾で拭いて掃除完了です。
水滴が残ると新たな水垢を作る原因になるので、水滴を残さないように乾拭きします。

人造大理石など材質によっては、クエン酸スプレーを使ってそのままにしているとシミになる可能性があります。
使う前に説明書をしっかりと読んで使いましょう。

◇排水口掃除

シンク内の排水口は、生ごみや油汚れが特にたまりやすい場所です。
酷い臭いを発しやすい場所でもあるので、こまめな掃除が必要になります。
排水口を掃除するときは、ごみ受けなど外せるパーツは取り外して、別で洗って乾燥させます。
ただし、洗った後、濡れたまま戻してしまうと、せっかく洗ってもすぐに雑菌が発生してしまいます。
それがまた臭いやヌメリの原因になります。
できれば、ごみ受けは2つあると便利です。1つを使っている間にもう1つを乾かし、交互に使うことでより清潔さを保てます。

そして、排水口のごみ受けの蓋はできれば取り外してしまいましょう。
見ればごみ受けにどのくらいごみが溜まっているか分かるので、自然と掃除をする頻度が上がります。
こまめな掃除を心がけていれば、1回の掃除の手間も格段に少なくなります。

◇掃除の頻度はどのくらい?

シンクの掃除はできれば毎日行いましょう。
食器を洗った後、シンクも一緒に洗っておくとよりきれいになります。
おすすめは、麦茶や紅茶などのティーバッグを使った掃除方法です。
煮出した後のティーバッグでシンクを擦るように洗うと、汚れもスッキリとれます。
ドリップコーヒーをよく飲むご家庭では、抽出した後のコーヒーかすもフィルターに入った状態で、同じようにして試してみてください。
洗剤を使わなくても捨てる予定の茶葉とコーヒーかすで簡単に掃除ができます。
重要なのが、掃除方法でも共通するのは、洗った後は必ず乾拭きして水滴を取り除くことです。

◇スポンジはいつ交換すればいいの?

スポンジは、水切れもよく、乾燥しやすい吊るし収納がおすすめです。
常に清潔に保つことができます。
それでも、スポンジの中に入り込んだ菌までは取り除くことができないため、月に1回ぐらいの頻度で新しいものに取り替えましょう。

キッチンクリーニングでDIYするときに使うスポンジ・ブラシ・洗剤10選!まとめ

まとめ

ここまでキッチンクリーニングの掃除方法やプロがおすすめする洗剤や道具を紹介してきました。
全部をまねしなければいけないというわけではありませんが、できることがあれば実践してみてはどうでしょうか。
今まで以上にキッチンがきれいになりますし、汚れが簡単に落ちるのでキッチンクリーニングが好きになるのではないでしょうか。

初回限定1000円OFF

【2020年05月30日 15時23分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【2020年05月30日 15時23分現在】 
お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事