キッチン掃除のメリットやデメリットなどについて詳しく紹介していきました。たくさんの洗剤やグッズがあるので、どれを使うかを選ぶ作業おお手伝いがで家いる人のためにも費用対効果が高いものについては実際に利用してみてはどうでしょうか。

キッチンクリーニングの基本

キッチンクリーニングの基本

キッチンクリーニングをする前に、基本的なキッチンクリーニングの王道的な掃除方法を身につけましょう。
変わった掃除をするのではなく、誰もがいっていて効果が上がっている掃除方法を詳しく紹介します。

◇基本1:重曹とクエン酸で掃除

重曹とクエン酸はキッチンクリーニングで2大洗剤として使われます。
それぞれ種類が違っていて用途別に使い分ければ効果的な洗剤です。
まずは、重曹ですが、汚れの種類によって効果を発揮できる汚れとそうではない汚れがあります。
料理後の油汚れなどの掃除をするには抜群の汚れ落とし効果があります。
あと鍋の焦げなどの汚れを落とすときに重曹を使うと非常に効果が上がります。
その反面、水垢や石鹸のカスなどを取るときに使ってもほとんど効果がありません

その点クエン酸の場合は、重曹では効果が上がらなかった水垢や石鹸のカスを取るのには効果的で、きれいに汚れが取れます。
ただし、油汚れや焦げなどを取るのには不向きで重曹とは真逆の性能となります。
キッチンの汚れを掃除するときは、重曹とクエン酸の両方を用意しておくと便利です。

使い方としては、重曹を使うときは、粉の状態で汚れ部分に振りかけて、水を垂らしてペースト状にしてから使うと一番汚れが落ちやすくなっています。
また、軽い汚れの場合は、重曹を100ccほどの水に溶かしてから使っても汚れは落ちます。
クエン酸は水と混ぜ合わせてから水垢や石鹸カスを除去するときに使います。
キッチンの蛇口回りなどの水垢取りには最適な洗剤です。
このように、クエン酸は酸性のためアルカリ性の汚れを中和させてから取り除いていく性質を持っています。

クエン酸水と重曹は相反する性質を持っていて、両方を同時に使うと発砲して汚れをより落としてくれる強力な力を発揮してくれます。

◇基本2:毎日の手入れが大切

キッチンを汚さないようにするには、日ごろの手入れが大切です。
料理を終わった後や洗いものを終わった後など、コンロ回りを中性洗剤でふき取ったり、シンクをきれいに洗い流して水気をふき取ったりするだけで、汚れが付きにくくなり、まとめての掃除をそこまでする必要がなくなります。

シンクのついで洗い
食器を洗い終わったときにシンクも一緒に掃除してしまえばその後の掃除が楽になります。
洗剤をシンク全体に撒いてからスポンジでこすっていくだけで十分です。
シンク内全部の掃除をすると、後は水で洗い流すだけでツアーを完結させるだけではなく、掃除をしなくてもよい場所になる可能性があります。

見逃しやすい場所の掃除

見逃しやすい場所の掃除

キッチン回りの掃除と言えば、シンクコンロ、換気扇というのに一番汚れが経ちやすいです。
キッチンの掃除はそこだけではありません。
なかなか掃除をしない場所についての掃除方法を紹介します。

◇冷蔵庫の掃除

映像子は料理を作るときに保存しておく場所で、料理の際には頻繁に開けて材料の出し入れをします。
料理の時にできるだけ鮮度が良くてきれいな材料を使うためにも、常に冷蔵庫をきれいにしておく必要があります。
冷蔵庫を使い続けていると雑菌がたくさん発生します。
定期的に雑菌の除去を行って食材を常に新鮮でおいしく食べられるようにするにはどうしたらよいのでしょうか。
冷蔵庫の中に入っている食材を一旦クーラーボックスに取り出して保存しておきます。
冷蔵庫の電源をオフにしてから掃除を開始します。

使う道具は重曹とアルコールスプレーを用意します。
空のスプレーボトルに水100mlに対して重曹小さじ1杯を入れて混ぜ合わせます。
冷蔵庫のゴムパッキンなど黒くくすんでいるところは特に重点的にアルコールスプレーを吹きかけていきます。
一定時間放置してから乾いた布などでふき取っていきます。
次に行うのが冷蔵庫の内部の掃除です。
先程作っていた重曹水を吹きかけていきます。
このとき、吹き取り忘れのないように全体に重曹水を吹きかけていきます。
そのあと時間をおいてから乾いた布でふき取っていきます。
きれいにふき取ったら、アルコールスプレーを吹きかけて除菌作業に入ります。
すべての作業が終わったら、取り出していた食材を元の場所に戻していきます。

◇オーブンレンジの掃除

次にあまり掃除をしないであろう電子レンジやオーブンレンジの掃除を行います。
オーブンレンジの中は油汚れや料理時の残り物などがあるのではないでしょうか。
注目すべきアイテムとしてセキス炭酸ソーダです。
耐熱容器にセキス炭酸ソーダと200mlの水を入れてよくかき混ぜます。
電子レンジの中に入れて、500Wで10分600Wで8分ほど温めます。
時間が経過後もそのままの上程で30分ほど放置しておきます。
声で電子レンジの掃除は完了です。

掃除の負担を減らすアイテム

掃除の負担を減らすアイテム

キッチンの掃除をするときに使うと便利なアイテムがたくさんあります。
その中でも注目すべきアイテムを4つ紹介します。

◇ハイホーム

ハイホームは昔からあるアイテムで、昭和38年からいまだに販売されているキッチンの水垢とりにはか欠かせないアイテムです。
キッチンの掃除では万能洗剤としていろいろな汚れ落としで使えます。

◇業務用リードペーパー

業務用リードペーパーはキッチンペーパーの中でも大型で使い道の多いものです。
換気扇のフィルターとしても付ける便利なアイテムです。
大型もため使う用途はいろいろとあります。
一度使ってみると使い勝手の良さがわかるのではないでしょうか。

◇マイクロファイバータオル

最近よく見かけるのがマイクロファイバータオルです。
水切れが良く吸収力が高いので、キッチン回りの水気を取るときに使うと便利です。
ちょっとした向いて気を吹き取るときに使うと便利なマイクロファイバータオルです。

◇バスタークリーン

まな板は普段食材を切るときに使いますが、雑菌がすぐにつきやすい場所でもあります。
定期的にまな板の除菌をするのに、バスタークリーンを吹きかけて除菌するといつもきれいなまな板で調理ができます。

落ちない汚れはどうすればいいの?

落ちない汚れはどうすればいいの?

いろいろな洗剤を使ってキッチンの掃除をしますが、汚れの中にはなかなか落ちないという汚れも出てきます。
カビなどの強力な汚れを落とすには塩素系漂白剤を使うと汚れが落ちやすくなります。
それでも落ちないような頑固な汚れを撃退するにはもっと強力な洗剤が必要になります。
強力な洗剤と言えば、トイレなどで使う洗剤などで、キッチンの落ちない汚れを掃除するときに使うと非常に便利です。
そんな洗剤ですが、デメリットもあって、素手で使っていると手をやけどする可能性もあるくらい強力です。
そこで最低限ゴム手袋を必ずつけてから使うようにしてください。
強力洗剤を使うときの注意点でもあります。
そんな強力な洗剤は使いたくないし、子供が誤飲してもいけないと思いますが、キッチンの汚れがどうしても取れない場合は、トイレ用の強力な洗剤を使って汚れを落とすしかないのではではないでしょうか。

キッチンクリーニングをDIYする!おすすめの掃除ウッズまとめ

まとめ

キッチンの掃除をするときに使う洗剤についておすすめの洗剤やグッズについて紹介してきました。
本当に便利で値段もお手頃な洗剤から、値段が若干高くなりますが、強力な洗剤などについても紹介してきました。
ちょっとした汚れや、頑固な汚れの本格的な掃除など、様々な汚れで使う洗剤や掃除方法の紹介をしてきました。
その中でも、役に立てる情報ばかりなので一度試してみましょう。

初回限定1000円OFF

【2020年10月29日 14時02分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【2020年10月29日 14時02分現在】 
お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事