キッチンクリーニングで一番汚れが酷いのはコンロ回りではないでしょうか。
ガスコンロだと掃除が大変ですがIHコンロの場合はどうなのでしょうか?
ここではIHコンロの特性を見ながら、どのように掃除をすれば世のかを詳しく紹介します。

IHコンロ上部の汚れ

IHコンロ上部の汚れ

IHコンロはガスコンロと違って火事などの危険もほとんどなく、安全で安心して使えます。
汚れも電気菜緒で料理中の油汚れやこぼれた食材の焦げなどもすぐに拭きっとればきれいに取り除けます。

◇IHコンロの上部の汚れは何?

IHコンロは上部がガラス面になっていて、汚れが付きにくくなっています。
ただし、それでも料理をしているとこぼしたり油が飛んだりして徐々に汚れてしまいます。
ほかには、鍋を噴きこぼしたり、鍋の底が汚れていたりするとすぐに黒い焦げがコンロの表面に付きます。
料理してIHコンロの表面が熱いうちに洗剤でふき取るとある程度の黒い焦げは取れますが、そのままの状態で放置していると、焦げついてしまってなかなか取れにくくなります。
後回しにしてしまうとどうしても汚れが取れなくなり、黒く焦げ付いてしまいます。
何回も積み重なると、洗剤でふき取るだけでは全く取れなくなります。

IHコンロの上部のガラス面は料理後にふき取ればきれいに取れます。
これをこまめに行っていれば汚れが溜まることはありませんが、そうはいきません。
ただし、ちょっと時間をおいてしまうと黒こげを取るのに相当苦労します。
中性洗剤ではなかなか取れません。
本格的に取るには別途次章紹介します。

IHコンロの掃除法

IHコンロの掃除法

IHコンロは上部がガラス状になっていてつるつる面になっています。
見た目もきれいで汚れを付けなければ、ガスコンロほど汚れることはありません。
ただし、一旦汚れると、取るのに苦労するのがIHコンロです。
焦げが上部についてしますと、見栄えも悪くなり、取るに取れなくなります。
IHコンロの焦げ付きの程度に合わせた掃除方法を紹介します。

◇ちょっとしたIHコンロの焦げ付き

IHコンロはガスコンロほど焦げ付きませんが、焦げつくと初期段階の焦げの場合、曇りガラスのように曇ってしまいます。
この段階では、中性洗剤で拭いても簡単には取れない状態にまでなっています。
その為、重曹を使って汚れの除去を行っていきます。
重曹を水10lに対して小さじ1杯を混ぜ合わせてからスプレーボトルに入れてから噴射します。
一旦噴射してふき取るときれいにくもりが無くなりピカピカになることが多いです。
くもりガラスに重曹水を吹きかけたぐらいでは汚れが取れなくなっています

◇焦げ付きが酷いとき:重曹とラップを使用

焦げ付きが酷いときは重曹水ではなく、重曹ペーストを使えばある程度は取れます。
サランラップを10㎝程度切り取ります。
切り取ったサランラップを丸めます。
重曹を食品トレイに入れて水を少しずつ加えていきペースト状にします。
IHコンロの汚れの部分に重曹ペーストを塗り付けていきます。
その上を丸めたラップでのの字を書く要領で磨いていきます。
磨いたあとに乾いたタオルなどでふき取っていきます。
一旦ひどい汚れが表面のガラス面に付着した時は、力まずに磨いていきます。
何度かペースト状の重曹を付けてからラップで磨いていくと、徐々に黒い焦げが取れていきます。

◇焦げ付きが酷いとき:アルミホイルとクリームクレンザーを使う

アルミホイルとクリームクレンザーを使って汚れを取っていきます。
クリームクレンザーを上部のこげた部分に垂らします。
アルミホイルを丸めてこすっていきます。
クリームクレンザーが白から灰色に変わるので、ある程度こすったところでふき取っていきます。
最後に洗剤が残らないように水拭きをして完了です。

IHコンロの油汚れを取る作業をして感じたこと

IHコンロの油汚れを取る作業をして感じたこと

IHコンロの油汚れを取るときに重曹やクリームクレンザーを使って掃除します。
その時に油汚れはよく取れますが、メリットばかりではなくデメリットもあるという事です。
そんなデメリットや気づいたことについて詳しく紹介します。

◇重曹はメリットばかりではありません

重曹は非常に便利で、油汚れを取るのには重宝します。
そんな重曹ですが、使えば使うほどIHコンロの上に残ります。
溶けて消えてなくなることはありません。
使った分だけの重曹はそのまま残ってしまいます。
油汚れを取った後は、残った重曹は取り除かなければいけません。
重曹を使って油汚れを噴き上げるときに一緒に取れればいいのですが、そうはいきません。

◇IHコンロの油汚れには今洗剤が役に立つ

ここまでIHコンロの油汚れを取るやり方についていくつか紹介してきました。
IHコンロの油汚れを取るときは重曹とクリームクレンザーが非常に効果的だという事がわかりました。
どちらも甲乙つけがたい潜在能力です。
使い方を間違わないようにすることできれいに油汚れが取れます。

IHコンロの汚れ予防策

IHコンロの汚れ予防策

IHコンロの油汚れ防止策としていくつかやり方があります。
1つは焦げ付き防止シートというものがあります。
2つ目には毎日のこまめな掃除が汚れ防止には効果的です。
この2つのやり方について紹介します。

◇焦げ付き防止シートを張る

IHコンロの油汚れの防止策として防止シートというものが販売されています。
このシートをIHコンロの上部に貼り付けるだけで焦げ付きを防止できるという事です。
ただし、このシートを使う場合、IHヒーターの温度センサーがうまく動作しない時があります。
IHコンロは温度を見ながら自動調節をしてくれるものもあります。
この温度センサーが正常に動作をしない時があると危険です。
防止シートは非常に便利そうに見えますが、こういったデメリットもあるという事を頭に入れてから使うようにしましょう。
その為、IHコンロには何も貼り付けたりはしない方が本来の機能を発揮してくれます。
できたらIHコンロ本来の機能を数千するようにした方が良いのではないでしょうか。

◇こまめなコンロの掃除

シートを張るのはあまりよくないという結果になりました。
毎日こまめな掃除をすることでコンロ上部が汚れることはありません。
きれいに洗った布巾で軽くふくだけで油汚れが付きにくくなります。

IHコンロのキッチンクリーニングは楽なの?メリットは何?まとめ

まとめ

IHコンロの汚れはガスコンロほどひどくはならないという事は理解できましたでしょうか。
ただし、IHコンロでも吹きこぼれや油汚れが上部にこぼれて放置していると取れにくくなります。
IHコンロの汚れ取りのやり方についていろいろとわかったのではないでしょうか。
IHコンロの掃除をどうしたらいいのかわからないで困っている人は参考にしてください。

初回限定1000円OFF

【2020年08月07日 09時09分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【2020年08月07日 09時09分現在】 
お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事