キッチンクリーニングは毎日するべきものなのでしょうか?
料理を作った後は何もしたくなくなり、どうしても流し台の掃除を忘れがちになります。
何日も流し台掃除をしていないと、汚れや水垢が流し台内についてからなかなか取れなくなってしますことは経験したことはありませんか。
流し台の掃除時期を間違えると汚れが落ちないで蓄積してしまいます。
最適な流し台の掃除時期とおすすめの洗剤やグッズを紹介します。

キッチンクリーニング:流し台の掃除はどのくらいさぼっても大丈夫?

キッチンクリーニング:流し台の掃除はどのくらいさぼっても大丈夫?

キッチンクリーニングと言っても毎日軽めの掃除をしたり、大掛かりなキッチンクリーニングをしたりと、掃除の内容によって毎日すべきか数日空けてからやればよいのかなど様々な掃除方法があります。
できればさぼりたいという人の為にさぼれる限界を紹介します。

◇流し台の掃除のさぼれる限界は

流し台の掃除をさぼれる限界は、ずばり1か月です。
1か月間も掃除をしなくていいのだという人と、1か月しかさぼってはいけないのだという人がいるでしょう。
なぜ1か月なのか、それは水垢やヌメリを取り除くのに最悪の日数が1か月になります。
1か月以上放置していると、掃除しても汚れが残ってしまったり、掃除自体をやる気が起きなくなったりします。
きれいに掃除ができるマックスが1か月になります。
後は、流し台掃除は中性洗剤で十分に汚れが取れるはずですが、1か月以上経過すると中性洗剤では汚れが取れなくなる可能性があります。

◇実は流し台は毎日掃除をするべき

流し台、特に流し台内は水垢やカビが発生しやすい場所です。
できたら、料理と洗い物をして使い終わったら、1日の最後に流し台内を中性洗剤できれいに磨いて水で流しておくと、翌朝はきれいな流し台で料理ができます。
毎日きれいな流し台で料理をして食事ができれば、毎日が爽快な気分になるのではないでしょうか。
仕事が忙しくて時間がないという人は、1週間に1回、休みの前の日か休みの日にすれば時間も取れるのではないでしょうか。
1週間という生活習慣の中で1回は流し台の掃除はしましょう。
できることなら毎日洗い物が終わったときにするのが理想です。

キッチンクリーニング:流し台掃除のやり方

キッチンクリーニング:流し台掃除のやり方

流し台で一番使って、一番汚れが付くのが流し台です。
流し台内の掃除を毎日欠かさずすればきれいなキッチンで毎日快く料理ができます。
それでは、キッチンの流し台内の掃除方法を詳しく見てみましょう。

◇流し台内の軽い掃除で十分

毎日流し台の掃除をする場合、そこまで汚れていないので、スポンジと中性洗剤だけで軽くふいていくだけできれいになります。
流し台内をスポンジで拭いて水を流せば掃除は完了で、楽な掃除で済みます。

◇油汚れやヌメリ取り

毎日洗い物をする流し台内は、数日間掃除を怠るとヌメリが出てきます。
特に三角コーナーなどは食べ残しなどを捨てるので、ヌメリは結港出てきます。
それだけではなく、油汚れも溜まってしまいます。
そんな油汚れやヌメリを取る掃除方法はアルカリ性洗剤を使って掃除をします。

コンロ内は酸性の汚れが多いので、アルカリ性洗剤を使うと良く落ちます。
アルカリ性洗剤には重曹がお手軽で、お湯100mlに対して重曹を小さじ1杯混ぜ合わせます。
油の中には固まってしまっているのもあるので、一旦45度以上のお湯を流し台内にかけます。
油の塊を溶かして落としやすくします。
重曹水を流し台全体に吹き替えてから15分程度放置します。
その後、スポンジで拭いていきます。
最後に流水で流せば油汚れとヌメリはきれいに取れます。
これで汚れだけではなく臭いも除去できるのでこまめに流し台内の掃除はしましょう。

◇水垢の掃除

流し台内には油汚れやヌメリ以外でも水垢や石鹸カスが溜まることがあります。
水垢は水道水のミネラルが白く結晶として残ってしまったものです

これはどうしてもできてしまうものなので、定期的に掃除をして除去しなければいけません。
水垢は酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤を使って掃除します。
水2に対して酢を1混ぜ合わせたもので掃除をするときれいに水垢が取れます。
クエン酸を使用する場合は、水200mlに対してクエン酸小さじ1杯程度のクエン酸水でも構いません。
酢水かクエン酸水を流し台の水垢部分にまんべんなく吹きかけます。
1時間程度放置しておいてスポンジでこすっていくと水垢が取り除けます。
最後に流水で洗い流せば流し台内がきれいになります。

石鹸カスを掃除するときは、アルカリ性洗剤を使います。
石鹸カスが酸性なので重曹などのアルカリ性洗剤を使って掃除します。
流し台内をお湯でまんべんなく流してから重曹を流し台の全面にかけていきます。
そのまま1時間程度放置します。
放置後にスポンジを使ってこすっていきます。
流し台全体をこすり終わるとスポンジでこすりながら流水で流していきます。
汚れ度合いによってはアルカリ性洗剤を塗布してからの放置時間は微調整が必要です。

◇排水口の掃除

流し台掃除で大変なのが排水口です。
排水口には網を張っていて、食べ残しなどの残飯が網に残っていて残飯によって悪臭やひどいヌメリが発生します。
そんな排水口の掃除はこまめにやっておくと良いでしょう。
重曹とクエン酸を用意して、最初に排水口に重曹を振りかけます。
その重曹に対してクエン酸を注いで発砲するのを待ちます。
30分間ほど放置してからスポンジで掃除をします。
40度程度のお湯で洗い流していきます。
排水口の掃除が終わると、アルミホイルを丸めて入れておくと悪臭があまりしなくなります。

◇流し台掃除をするときの注意点

流し台掃除をするときに、いくつか注意点があります。
汚れに会った効果的な掃除をすることが重要です。
ある程度汚れの知識がないと間違った掃除をしてしまいます。
使う洗剤を間違えないこと、複数の洗剤を一緒に使って有害な物質を発生させないようにしましょう。

おすすめ洗剤とグッズ7選

おすすめ洗剤とグッズ7選

いろいろな掃除用の洗剤が販売されています。
その中でも簡単に掃除ができて効果的な洗剤やグッズを7つ紹介します。
掃除の場所や汚れの種類にあった洗剤を選んでから掃除をしましょう。

◇重曹

重曹はオーソドックスな洗剤です。
流し台の掃除をするときにも使いますが、家の中のいろいろな掃除をするときに使える便利な洗剤です。

◇重曹石鹸泡スプレー

石鹸の成分と重曹を混ぜ合わせた泡タイプのスプレーで、
泡タイプの洗剤で掃除をするときに使いやすい洗剤です。

◇重曹ペースト

重曹ペーストはそのままの状態でペースト状の重曹を目的の汚れにつけていくと、汚れをきれいに除去してくれて、ペースト状なので、疎のまま汚れ落としとして使える優れものです。

◇セスキの激落ちくん

アルカリ性の汚れ落としによくあった洗剤です。
換気扇やコンロの汚れ落としに最適です。

◇水回り用ティンクルお酢の力

酢の力を利用して作られた洗剤で、臭い消しに力を発揮する洗剤です。
特に排水口の悪臭を消してくれる洗剤ではないでしょうか。

◇ハイドロハイター

知っている人は知っている有名な洗剤で、塩素系漂白剤です。
キッチンにできたさび落としにも使える万能型の洗剤です。

汚れが少ないうちに掃除はやるべき

汚れが少ないうちに掃除はやるべき

流し台の掃除を放置して白い水垢ができてしまったり、ヌメリが流し台全体に広がったりと、汚れを見て見ぬふりをして放置していると取れる汚れも取れなくなってしまいます。
そんな汚れは早い段階で除去できれば、そこまで掃除で苦労することはありません。

◇こま目の掃除が大切

流し台の掃除は早ければ早いほど掃除自体が楽にできて、汚れもすぐに除去できます。
理想を言えば、毎日流し台の掃除をすることです。
ただしそうはいってもなかなかできることではありません。
それでも1日5分程度で会えば中性洗剤で流し台内を洗うことは可能ではないでしょうか。
無理なくできるのであれば毎日5分掃除をすれば後々楽になります日、流し台が汚れることもありません。

キッチンクリーニング:流し台の掃除は大変なの?これさえやれば簡単まとめ

まとめ

流し台の掃除はどのくらいですればいいのか、流し台の掃除法や使う洗剤について紹介してきました。
この内容を読んで、今までの自分の流し台の掃除方法が間違っていたのではと思っている人は、ぜひ今からでも遅くありません。
正しい掃除法を使って流し台の掃除をしてみましょう。
今まで以上にシンク内がきれいによみがえるのではないでしょうか。

初回限定1000円OFF

【2020年05月30日 13時37分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【2020年05月30日 13時37分現在】 
お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事