キッチンクリーニングをする前にキッチンの汚れの原因や性質を知る必要があります。
汚れに対する知識が全くないとどう掃除をしたらよいのかがわからないはずです。
そこで、キッチンの汚れの原因や種類について詳しく紹介しています。
汚れを知ることでどのような掃除道具と洗剤を使えばよいのかがわかるのではないでしょうか。
普段キッチンシンクの掃除をしないという方は、特に注意して読んでみてください。

毎日のシンクの掃除

毎日のシンクの掃除

シンクの掃除は毎日行うといつもきれいな状態で炊事ができます。
毎日シンク掃除をするのは面倒なようで意外に簡単なのです。
中性洗剤を使ったシンク内をスポンジで磨いていきます。
あとは排水口の掃除をするだけでOKです。
排水口内の掃除をする必要はありません。
排水口も中性洗剤をスポンジにつけてから磨くだけで大丈夫です。
後は最後に流水できれいに洗い流すだけでいいのです。
掃除時間でいうと5分程度で終わるのではないでしょうか。

毎日掃除をするのは大変だと思うかもしれませんが、たったの5分の掃除でシンクがきれいになるのです。
頑張って毎日5分間シンクの掃除をしていれば、慣れてきて習慣化されるのではないでしょうか。

シンクの汚れの原因と掃除に必要な道具

シンクの汚れの原因と掃除に必要な道具

キッチンクリーニングをするには、シンクの汚れを知る必要があります。
どのような汚れがシンクで発生するかによって掃除のやり方も変わりますし、使う洗剤も変わってきます。
まずは、シンクに発生する汚れと汚れの原因を見てみましょう。

◇水垢の汚れ

最初にシンクには水道水を何度も流します。
水道水の中にはミネラルが豊富にあり、ミネラルは水分が蒸発してもそのまま残ります。
シンク内の水分をそのままにしていると、ミネラルだけが残って白い幕のようになって残ります。
ミネラルは人体に害を与えるようなものではありませんが、シンク内には白い粉のようなものになって張り付くため掃除して取り除かなければいけません。
水垢は水道水を使うところではすべて汚れとして残ります。

◇油汚れ

シンク内に残る汚れの2つ目は油汚れです。
料理で油をよく使うので、残った油をシンク内に捨てることもよくあります。
その油が残って付着して最終的には排水口に到達します。
何度も油を捨ててから排水口に溜まっていくと詰まりの原因にもなります。
排水口が詰まると水がシンク内に溜まってしまって非常に汚くなります。
その為排水口だけではなく、三角コーナーなども含めて油汚れや水垢を定期的に除去していく必要があります。

◇石鹸カスの汚れ

最後に洗剤などを使って食器などをシンク内で洗います。
洗った後に石鹸カスがどうしても残ります。
石鹸カスをそのまま放置しているとカビの餌になるため、カビが発生する可能性があります。
食器を洗ったときに使う洗剤の残りかすなので仕方がないことですが、油と同じように定期的に掃除をしなければ汚いシンクのまま生活をしていくことになります。
石鹸カスは酸性のためアルカリ性洗剤で汚れを除去していかなければいけません。
汚れの種類によって洗剤の種類も変えなければいけないので、その辺をしっかりと覚えておく必要があります。

◇掃除に必要な道具

掃除をするときに必要な道具を、事前に揃えとかなければうまく掃除はできません。
そこで洗剤は何を用意したらよいのかを見ていくと、水垢はアルカリ性の汚れで石鹸のカスは酸性の汚れとなります。
性質が正反対なので使う洗剤はアルカリ性の汚れには酸性洗剤を、酸性の汚れにはアルカリ性洗剤を使わないと汚れが落ちません。
酸性洗剤とアルカリ性洗剤の2つが必要になります。
中性洗剤ではだめなのかと思われるかもしれませんが、食器を洗うときは中性洗剤で構いませんが、醜い汚れを取りたいときはそれぞれの汚れにあった洗剤を使わないときれいに汚れは取れません。

汚れと掃除

汚れと掃除

キッチンのシンクには水垢、油汚れ、石鹸カスなど様々な汚れが付きます。
そんな汚れを取るための道具がいろいろとあり、ちょっとしたものできれいに掃除ができる物もあります。
汚れ部分に会う道具を使ってどのように掃除をすればよいのかを見ていきましょう。

◇水垢取り

最初に目につくのは蛇口回りの白いうろこ状の汚れではないでしょうか。
この白いものは水垢です。
水垢を取るにはプラスチックのへらやポイントカードの角の部分などを使うときれいに取れます。
ただしいきなりマイナスドライバーやステンレス製のへらなどで削り落とそうとすると、水垢だけではなくキッチンそのものを傷つけてしまう可能性があります。
それだけは絶対にやってはいけません。
海洲赤鳥をするときにはキッチンを傷つけないようにうまく掃除することが大切です。
その為、最初は酸性洗剤を使って目の粗いスポンジやたわし等でこすって取り除いていきます。
それでも取り除けない水垢が残る場合は、プラウチックなどのポイントカードなどを使って削り落としていくしか方法はありません。

◇油汚れ

水垢以上に厄介な汚れが油汚れです。
一度ついてしまうと水ぐらいでは全く洗い流せません。
お湯で流してもあまり油汚れは取れないので、心して掃除をしないと全く意味のない掃除になってしまいます。
油汚れを取るには、重曹を使って掃除をすると知らない間に油汚れが取り除かれているときもあります。
それは、あくまでも軽い油汚れの時で、重い油汚れの場合は、簡単には取れないようになってます。
シンクの油汚れを取る方法としては、少量のクレンザーを使うかカビキラーで除菌をしながら掃除をする必要があります。
クレンザーを使うときは研磨するのでプラスチックなどの場合は使うと傷がついてしまいます。
重曹を使う場合でも研磨してから表面にコーティングされた油汚れを落としていくものです。

排水口についてしまった油汚れを取るには、匂いが酷いときにはカビが発生している可能性が高いので、まずはカビハイターを散布して10分程度放置します。
その後、流水で流すとカビはある程度除去されます。
その後歯ブラシなどを使って排水口のカバーなどを機影に磨いていきます。
その時にヌメリが酷くなっていれば念入りに磨いていってヌメリを取っていきましょう。

◇水垢取り

シンク内にはもう一つやっかいな汚れとして水垢があります。
水垢は水道水のミネラルが固まって結晶となったもので通常の食器洗い洗剤では取れません。
水垢をいかにして除去するかを紹介します。
簡単に水垢取りはできるので実践してみましょう。

水垢取りの王道と言えば、クエン酸水を使った掃除が一般的です。
クエン酸水は、伊豆100mlに対してクエン酸を小さじ1杯溶かしたものです。
中性洗剤ではなかなか落ちない水垢をクエン酸水できれいに落としていきます。
クエン酸水を散布して掃除してもまだ白い幕が残っている場合は、水垢ではなく石鹸のカスの可能映画あります。
その場合はクエン酸水では落ちないので、アルカリ性の重曹でもう一度掃除をすると落ちる可能性があります。

ステンレスのさびや長年の汚れの対処

ステンレスのさびや長年の汚れの対処

シンクは基本ステンレス製のものが多く、安価でサビにくく汚れが落としやすいのでキッチンのシンクによく使われています。
ステンレスはさびにくい性質ですが、まったくサビないわけではありません。
さびが付くこともあります。
その場合の対処法を見てみましょう。
長年使っていると、汚れが積もりに積もって取れなくなっているケースもあります。
その場合の対処法も紹介します。

◇ステンレスのさび

ステンレスはほとんどサビません。
ただし、缶などを長い期間キッチンのステンレスの上に置いていると、さびがステンレスに移ることもあります。
ステンレスの表面を覆っている酸化被膜という膜が剥がれてしまうとサビることがたまにあります。
クリームクレンザーを使ってしっかりとさびを落とします。
落としてしまうとさびは生えなくなります。

◇長年の汚れの築盛

長年キッチンを使っていると、いくらステンレスでも劣化していきます。その場合は自分で掃除をしてきれいにするのにも限界があります。
そうなるとクリーニング業者に依頼してキッチンクリーニングを行ってもらうときれいなキッチンが蘇ることもあります。
それでもダメな場合は買い替えを考えた方が良いでしょう。

キッチンクリーニング:シンク掃除はこれだけを知っておくべき!まとめ

まとめ

キッチンクリーニングをする前の汚れの原因や種類について詳しく説明してきました。
汚れに合わせた掃除方法や掃除道具の使い方に土手も勉強できたのではないでしょうか。
今からキッチンクリーニングを自分でしようと思っている人には、参考になる情報ばかりが紹介されています。
業者にキッチンクリーニングを依頼するのではなく、自分でキッチンの掃除をやって見てください。

初回限定1000円OFF

【2020年08月07日 10時05分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【2020年08月07日 10時05分現在】 
お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事