キッチンクリーニングを行う場合は、いつどこに依頼するかで仕上がりが変わってくるものです。
今からキッチンクリーニングを業者に依頼したいと思って探している人には必見の情報を紹介しています。
今から優良業者の選び方からい料金相場などを詳しく説明していきます。
ぜひ、参考にしてください。

キッチンクリーニングのポイント&費用を抑えるポイント

キッチンクリーニングのポイント&費用を抑えるポイント

キッチンクリーニングを依頼するときに重要となってくるピお院とは費用は言うまでもありませんが、それ以外でも使う洗剤が家庭用と違って強力であるという事です。

◇ポイント

キッチンは食品を扱うところなので、常に清潔にしておきたいところですが、油や水を使うので一番汚れやすい場所でもあります。
掃除をしないで放っておくと汚れが頑固にこびりつき、カビや雑菌が発生してすぐに繁殖して大変なことになってしまいます。
そんなシンクやコンロ周りの頑固なこげつきやヌメリ、油汚れには、ぜひプロのキッチンクリーニングに依頼してみてください。
業者であれば業務用の強力な洗剤や機材で頑固な汚れを根こそぎ洗浄してもらえます。
また、自分では手の届きにくいところなど、分解してから細かいところまでキレイに掃除してくれます。
素人であれば見落としがちな部分も、業者に依頼すれば丁寧にお掃除してくれるので安心して任せられます。
シンク内は、取れにくい水垢を落としてもらえるのはもちろんのこと、普段手薄になりがちな排水口やゴミ受けなどもキレイにしてもらえて、その後の悪臭や細菌の繁殖の予防にも繋がります。
同じキッチンクリーニングでも業者さんによって、費用やサービス内容が大分異なります。
そこで、複数の業者さんに問い合わせて見積もりを取り、比較検討することをお勧めします。

◇費用を抑えるポイント

キッチンクリーニングの費用はキッチンの大きさと、キッチンの汚れ具合によって決まります。
キッチンの大きさは変更できませんが、キッチンの汚れ具合は自分たちで改善することが出来ます。
キッチンクリーニングで業者にお願いする時というのは、どうしても自分たちでは落としきれないようなこびりついた汚れが出たときではないでしょうか。
依頼頻度をそれくらいの状態にしておくことで、キッチンクリーニングの費用を抑えることが出来ます。

そのためには日頃からのメンテナンスが重要です。
毎日キッチンを利用したあとはきちんと掃除をするようにしましょう。
食材を扱う場所ですから、衛生面で考えても、キッチンは常にきれいにしておかなくてはいけません。
クリーニング費用を抑えるためにも毎日のメンテナンスをしっかり行って、1年に1度くらいキッチンクリーニング業者にクリーニングを依頼しましょう。
キッチンクリーニング業者によってクリーニング費用は変わってきますので、3,4社に見積もりを依頼するようにしましょう。
1社だけしか見積もりを行わずそこに決めてしまうと、相場以上の費用を請求されてしまう可能性もあります。
複数社の見積もりを比較して、相場感覚をつかんだ上で、納得できる価格を提示してくれた業者の中から選ぶようにしてください。

キッチンクリーニングの種類

キッチンクリーニングの種類

キッチンクリーニングはキッチン一式のクリーニングを行うケースと、場所ごとに価格設定を行い、クリーニングを行う方法の2種類の見積もりがあります。
ここでは場所ごとのクリーニング方法と、そのメリットについて紹介します。

◇シンク

シンクの掃除では排水口のヌメリや、シンクの水垢などを徹底して取り除きます。
業者によってはオプションになることもありますが、シンクの排水管のクリーニングも依頼することができます。
シンクはキッチンの中でも菌が発生し易い場所なので、クリーニングをすることで衛生的に使用することができるようになります。

◇コンロ

コンロは料理をする回数が増えるほど汚れてしまいます。
コンロの部品で取り外せる部分は取り外して、ポリ袋に入れてつけ置き洗いを行い、取り外しができない部分は洗剤とブラシで汚れを落とすと効率的です。自分では落としきれないようなしつこい汚れもきれいに落としてもらえます。

◇レンジフード

レンジフードのクリーニングは業者によってはキッチンクリーニングとは別に行っているほど、専門知識が必要なクリーニングになります。
レンジフードを分解し洗浄を行という作業になります。
業者に依頼すると、しつこい油汚れによって下がっていた換気効率を回復させることが出来ます。

◇その他

オプションになることが多いのですが、家電の表面のクリーニングや、電子レンジ内部、焼き魚グリル内部なども、キッチンクリーニングで汚れを取り除くことが可能です。

キッチンクリーニングのポイントと注意点

キッチンクリーニングのポイントと注意点

キッチンクリーニングを業者に依頼するときに何か気を付けておかなければいけないことはないのでしょうか。
業者に依頼するときは押さえておくべきポイントと注意点があります。
業者選びをするときにはこちらをしっかりとお朝得てから依頼先をみつけましょう。
それが優良業者に依頼する秘訣でもあります。

◇キッチンクリーニングのポイント

キッチンのクリーニングを行ったときは、必ず各機器の動作確認を一緒に行ってください。
シンクなどでは水漏れをしていないか、フードはきちんと排気しているかなどを確認して問題がないことをチェックします。
中には分解作業を行うような場所は壊れてしまう可能性がありますので注意してください。
業者に依頼するときは、物損があったときの対応をしてもらえるかどうを事前に確認しておくようにしましょう。
自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変です。

◇キッチンクリーニングの注意点

キッチンのクリーニングを行ったときは、必ず各機器の動作確認を一緒に行いましょう。
シンクなどでは水漏れをしていないか、フードはきちんと排気しているかなどを確認して問題がないことをチェックしましょう。
クリーニングでも分解作業を行うような場所は壊れてしまう可能性があるので注意してください。
きちんと自分で動作確認などを行って問題がないことをしっかりと確かめましょう。
もし、物損があったときの対応を業者に事前に確認しておくようにしましょう。
どうでしょうか。
なるべく費用を抑えてクリーニングしたい場合は、複数の業者に見積りを出してもらってしっかり比べてみることが大切です。
しかし、自力で信頼できる業者を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変です。
その場合は、口コミや知人の紹介などで業者を選ぶと失敗する確率が少なくなります。

キッチンクリーニング業者の料金相場

キッチンクリーニング業者の料金相場

キッチンクリーニングを業者に依頼した場合の場所別の料金相場を紹介します。
業者に見積もりを出してもらって料金の正当性を確認するのに役立ちます。
それでは、キッチンクリーニングの場所別の料金相場を見ていきましょう。

◇レンジフード

レンジフードの掃除は取り外しも含めて1.5?2万円程度です。

◇シンク周り

シンク回りの掃除は一般的な排水管掃除も含めて1.5?2万円程度です。

◇排水管薬剤洗浄

排水管の薬剤洗浄は0.5?1.5万円程度でできます。

◇キッチン全体

キッチン回りを全てのクリーニングで3?5万円程度で依頼できます。

キッチンクリーニングを業者に依頼するときのポイントと注意点!まとめ

まとめ

キッチンクリーニングを業者に依頼した場合のメリットやデメリットについて詳しく紹介してきました。
業者選びを間違うと考えていたようなクリーニングを行ってもらえずに高額料金の請求をされてしまうことになりかねません。
そうなアないように、ここで紹介している業者の選び方や料金相場を参考にきぅちんクリーニング業者を選びましょう

初回限定1000円OFF

【2020年05月30日 13時17分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【2020年05月30日 13時17分現在】 
お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事