キッチンクリーニングは誰に気兼ねなく作業ができるため、村の外からは絶対に入村させてはいけないという約束によって守られています。
人に依頼してやってもらうのではなく、自分のおもちゃをきれいに掃除してくれることが大切です。

キッチンクリーニングを自分でする場合

キッチンクリーニングを自分でする場合

キッチンクリーニングは自分でできれば一番良いのですが、時間がある人じゃないと本格的なキッチンクリーニングはできません。
自分でキッチンクリーニンをするとなると、掃除道具や使う洗剤などを場所別に選んでいかなければいけません。
どんな洗剤を使うかは汚れの種類によって変わってくるので、それに合わせた洗剤選びが必要になります。

◇キッチンクリーニングを自分でするときのメリット

キッチンクリーニングを自分でするときの一番のメリットと言えば、お金がかからないという事ではないでしょうか。
自分で掃除をする場合、使用する洗剤や最低限必要な道具を購入すれば、後は身体を使って掃除をするだけです。
そうなると、お金は安く済みます。
掃除する日を自分で買って、空いた時間にできるというメリットもあります。
自分の都合に合わせて掃除ができるので、回りに気を使う必要もありません。

◇キッチンクリーニングを自分でするときのデメリット

キッチンクリーニングを自分ですると、デメリットも間違いなくあります。
掃除方法や使う道具などはすべて自分で調べてから用意したり覚えたりしなければいけません。
それだけ自己責任になりますので、カビが生えてきたりしても誰にも文句は言えません。
自分自身で決めてやるので、失敗をした場合は、自分で汚れをうまくとる工夫をしなければいけません。
使う洗剤にも注意が必要ですし、使う道具によってはキッチンを傷つけてしまう可能性もあります。注意をしなければいけなくなりの「

キッチンクリーニングを業者に依頼する場合

キッチンクリーニングを業者に依頼する場合

キッチンクリーニング全般にしてもキッチンの一部の掃除にしても、業者に依頼することでたくさんのメリットがあります。
自分ではできなくて、業者にやってもらわなければできないという作業場所などもあります。

◇汚れが完全に落ちる

自分でキッチンクリーニングをすると、汚れの落とし残しなども出てくる場合もあります。
業者に依頼する場合、事前にここだけは必ず落としてほしいと言って置けば、気になる汚れはすべて落としてくれます。
業者に依頼すると、間違いなか卯汚れは落ちてきれいになります。
汚れの残りというものはほとんどありません。

◇時間を有効活用できる

業者に依頼すると、自分で作業する必要がないため、その分の時間をほかのことで有効活用できます。
使える時間を急速に使ってもいいし、趣味の時間に使っても構いません。
業者が作業している時間は自分の時間を持つことができます。

◇衛生面では何の心配もいりません

キッチンは食事など口の中に入れる物を調理する場所です。
その為、衛生面での心配は必要なくなり、安心して調理をすることができます。
安心と安全の両方を手に入れられます。

◇その後の掃除が楽になる

業者にキッチンクリーニングを依頼すると、掃除後に自分で掃除をしていくことが楽になります。
掃除時間も短縮できて、その余った時間を有効活用できます。

業者に依頼するときの相場と注意点

業者に依頼するときの相場と注意点

キッチンの掃除を業者に依頼した場合、場所別にどのくらいの掃除時間が必要で、どの範囲を掃除してくれるのかを詳しく見てみましょう。
業者によっても料金は変わりますが、一般的な金額の相場をしていれば業者選びの参考になります。

◇キッチンの掃除を業者に依頼するときの料金相場と作業範囲

キッチンの掃除と言えば幅広くコンロ回りとシンク回りの二か所が一番掃除を必要としている場所です。
そして、油汚れなどが飛び散る壁や床、蘇飛手天井なども掃除しなければいけません。
自分で掃除をする場合、キッチン全部しなければキッチンの掃除とは言えないように思えますが、業者のキッチンの掃除と言えばどこまでが含まれているのでしょうか。
業者にキッチンの掃除として依頼した場合、シンク回りとコンロ回りは基本的には含まれています。
業者によっては床や食器棚の掃除までが含まれているところもあります。
詳しくは業者に直接連絡をして確認をしましょう。

キッチン回りの掃除を業者に依頼した場合、料金はいったいいくらになるのでしょうか。
キッチン回りの掃除を業者に依頼した場合、作業時間は3時間程度で、料金は15000円~18000円程度です。
キッチンの掃除は大変なのにこの料金であれば、安いのではないでしょうか。
時間がない人にはリーズナブルな料金で依頼できると考える人も多いかもしれません。

◇換気扇の掃除を業者に依頼するときの料金相場と作業範囲

換気扇の掃除はキッチン以上に大変な作業です。
部品を取り外したりして作業も複雑になり、掃除を自分でするとなると、片手間ではできません。
ある程度時間と知識がないと取り外してから本格的な掃除をするのは大変な作業です。
業者に依頼することで、大変な換気扇掃除をしなくて済みますし、何よりも女性が1人で換気扇の掃除をするとなるととても取り外してまで掃除をすることはできません。
キッチンの掃除はそれだけ重労働なので、業者に依頼するメリットはたくさんあります。
業者に依頼すると、換気扇の内部まできれいに洗浄してくれます。

業者に換気扇の掃除を依頼した場合の料金相場は10000円~12000円程度と出来上がりを考えるとリーズナブルな金額です。
作業時間は2時間程度で終わり、換気扇の取り外しができる部品はすべて取り外して洗浄してくれます。
ただし、換気扇の種類を事前に業者に伝えとかないと、作業時に業者が現場で困ることが出てくる可能性があります。
その点を踏まえて、作業の大変さを考えると換気扇掃除を業者へ依頼した方がお得かもしれません。

掃除業者の選び方と確認事項

掃除業者の選び方と確認事項

キッチンクリーニングを業者に依頼するときはなにを基準に選ぶかですが、業者がHPOを持っていて料金が公開されていることです。

電話でキッチン掃除を申し込むときに対応はどうなのかをしっかりと位極めて下さい。
業者が作業に来るときは1人または2人で来るときがあります。
その業者に依頼しても大丈夫なのかどうかを見極めるには、作業員の専門の知識はしっかりあるプロの作業員なのか、アルバイトにさせていないかなど確認事項です。
後は申し込む前に複数業者に見積もりを出してもらって、作業内容と料金は適正かどうかを複数社の見積もりで比較検討します。
一番安い業者が良いというわけではなく、一般的な適正価格で見積もられているかどうかを見極めます。
作業内容がアバウトで、料金が安い業者は逆に要注意です。
最初に安い金額を提示しておいて、後で追加作業という名目で料金が上がっていく場合は、ほとんど詐欺に近い料金を請求されるので注意してください。
一度依頼して優良業者であれば、次回も依頼できます。

キッチンクリーニングを業者に依頼するのもあり?業者に依頼するメリットはたくさんある!まとめ

まとめ

キッチンクリーニングを自分でする場合のメリットやデメリット、そして業者に依頼する場合のメリットなどについて詳しく紹介してきました。
業者に依頼するのか自分でするのかを迷っている人は、こちらの情報をよく読んで、どちらがお得かを考えてから決めてはどうでしょうか。
おすすめは、一度業者に依頼してやり方などを学んでから次回以降は自分でキッチンクリーニングをするようにしたらよいのではないでしょうか。
費用面では業者に依頼するとかかるので、その辺をクリアできるかどうかも大切です。

初回限定1000円OFF

【2020年10月29日 13時13分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【2020年10月29日 13時13分現在】 
お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事