キッチンクリーニングの中で一番難しい場所が換気扇です。
換気扇委は換気扇用の配線がされているので、勝手に外したりすると動かなくなる可能性があります。
配線の知識がない素人がするにはリスクが会います。
その場合は、業者に依頼して資格を持った人に掃除を依頼した方が費用も掛からないし安心できます。

換気扇に油汚れが付きやすい場所

換気扇に油汚れが付きやすい場所

料理をしているとたくさんの汚れが回りに付きます。
普通に料理をしているだけで油汚れ、食材のカスなどコンロ回り特有の汚れが目立ちます。
食材を加熱していくと、白い蒸気のようなものが立ち込めます。
これは単純に油と水蒸気が混ざり合って油汚れとして換気扇や壁などに付着します。
汚れ取りは簡単そうに見えて、そう簡単には汚れを取ることはできません。
掃除をするしか方法はありません。

◇キッチンの掃除で一番汚れやすい3つの場所

換気扇の掃除をするときによく汚れが付きやすい場所といえば、換気フィルター
換気扇、換気扇カバー、換気扇ファンなどがあります。
利用した人じゃないとわからないと思いますが、その後の掃除にもかかってきます。

キッチンクリーニング:基本編洗剤で汚れ落とし

キッチンクリーニング:基本編洗剤で汚れ落とし

換気扇の掃除をするときにはやり方というものがあります。
手順さえ守って掃除を行えば、誰でも同じように掃除ができて、換気扇の汚れを簡単に落とすことができます。
その基本的な掃除方法を詳しく紹介します。

◇準備編

換気扇掃除をするときに最低限準備しなければいけないものがあります。
樹洗剤には重曹が最適で、重曹をお湯で溶かしていれる入れ物にスプレーボトルが必要になりますし、洗剤を吹き付けた後にはタオルでふき取る必要があります。
ここで取りあげている、重曹、スプレーボトル、タオル、お湯の4つがあれば換気扇の掃除はできます。

◇掃除の手順

最初にスプレーボトルにお湯200mlを入れます。
その中に重曹を小さじ1杯入れて混ぜ合わせます。
重曹水を換気扇に吹きかけてから1時間程度時間を置きます。
その後、タオルや乾いた布できれいに磨いていきます。
換気扇の汚れが取れない場合は、重曹の噴射とふき取りを何度か繰り返しおこなうと、ほとんどの場合きれいに汚れが取れます。

◇フィルターの汚れを取る

重曹を直接フィルターに吹きかけます。
そのままの状態で15分程度放置します。
フィルターの表と裏をひっくり返して重曹を吹きかけます。
汚れが落ちない部分は歯ブラシを使ってこすっていきます。
次に、ファイルターを45度以上のお湯の中に浸します。
数時間放置してから取り出して、汚れを落としてから最後は乾いたタオルでふき取ります。

◇レンジフードの汚れを取る

用意するものは中性洗剤、ゴム手袋・キッチンペーパー、雑巾があります。
バケツの中で水と中性洗剤を混ぜ合わせます。
レンジフードの中には取り外しができる物とできないものがあります。
取り外しができるものは一旦取り外してから掃除します。
ふき取りだけでは汚れが取れない場合は、中性洗剤をキッチンペーパーに染み込ませてからレンジフードに貼り付けます。
30分ほど時間をおいてからキッチンペーパーをはがします。
最後に乾いたタオルや雑巾でふき取っていきます。

換気扇掃除のときに注意するべき3つのこと

換気扇掃除のときに注意するべき3つのこと

キッチン回りの掃除をするとき、特に換気扇の掃除のときは、始める前にやらなくてはいけないことが3つあります。
この3つの準備を怠ると換気扇掃除を失敗する可能性があります。
できるだけきれいにそして長期間換気扇を使い続けるうえでも換気扇掃除は必要不可欠です。
その為の事前準備の3つの注意点を見てみましょう。

◇換気扇を掃除する前に電源をオフ

換気扇の掃除をしているときに、つい換気扇のスイッチをオンにしてしまうことがあります。
そうなると掃除中に動作してしまって、けがをする恐れがあります。
掃除をするときはまずは安全第一でしなければいけません。
掃除を安全に終わらせるためには換気扇のスイッチをオフにしてから行うか、ブレーカー自体を切りにしてから行いましょう。
ブレーカーを切りにしていれば、けがをする必要もないのです。

コンセントさえ抜いていれば誤動作することもないので、掃除をする前には必ずコンセントは抜いてから行いましょう。

◇換気扇の掃除のときは足場をしっかりと

換気扇は高い所に設置されていて、立った状態ではファンの部分までは手が届かないはずです。
脚立か踏み台がなければ掃除ができません。
脚立や踏み台を置く場所をまずは確保しなければいけません。
踏み台を置く場所を確保してうえで、安定しているかどうかを確かめてから踏み台や脚立を置いて乗るようにしましょう。
できれば滑り防止マットを下に敷いてから踏み台や脚立を置ければより案安全で安心できます。

◇換気扇の回りは養生する

換気扇の掃除をするときは、汚れやほこりなどが換気扇やフィルターにはたくさんついています。
掃除しているときに、汚れなどが落ちたり回りに飛び散って付着したりしても大丈夫なように、養生をしてから換気扇の掃除はしましょう。
養生は塗装用の養生シートがホームセンターなどで販売されていると、それを使うと簡単にできます。
ここまでの3つの準備をしてから換気扇の掃除に取り掛かります。
準備を怠ると換気扇掃除のあと気にケガをしたり、掃除後にもう一度別の場所を掃除しなければいけなくなります。
そうならないようにするためにも重要な準備ではないでしょうか。

キッチンクリーニング:換気扇は業者に依頼するべき

キッチンクリーニング:換気扇は業者に依頼するべき

キッチン回りの掃除をするときに一番苦労するのが油汚れです。
そんな油汚れの掃除を自分ですると時間もかかり、万が一換気扇の取り扱いに失敗すると換気扇が動かなくなったりして交換しなければいけない羽目になってしまいます。
そうなりたくないという人には、プロの業者にキッチンクリーニングを依頼することをお勧めします。
プロの業者に依頼すれば、換気扇を掃除中に壊しても弁償してもらえますし、自分でやらなくて済みます。

◇換気扇クリーニングは業者に依頼しよう

キッチンクリーニングは自分でするのではなく、年に1,2回業者に依頼してやってもらうという手もあります。
業者に依頼するとプロなので、隅から隅まできれいに掃除をしてくれます。
換気扇の取れにくい油汚れなども業務用の洗剤を使って掃除をしてくれます。掃除のやり方も教わってキッチンもきれいになるので一石二鳥ではないでしょうか。

換気扇の一番の汚れと言えば油!油汚れを難なく取る方法まとめ

まとめ

レンジフードの掃除をするときの注意点や、掃除方法に土江詳しく紹介してきました。
その中でもレンジフードは貴重で配線の問題もあり、素人がむやみに外したりすると、後で取り付けてから換気扇が動かなくなってしまうこともありま。
自分で配線などもあるので難しいかもと思った場合は、業者に依頼してから掃除をしてもらった方が良い場合もあります。
判断がつかない場合は、業者に依頼して掃除をしてもらいましょう。

初回限定1000円OFF

【2020年05月30日 15時37分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【2020年05月30日 15時37分現在】 
お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事