キッチンクリーニングの中でも掃除が難しいのが壁です。
壁にはいろいろな汚れが付着していて、度の汚れに対してはこの洗剤と言った相性の良い洗剤が決まっています。
まずは汚れを見分けるところから始めましょう。
汚れを位分けてからどの道具で掃除をするのがベストなのかを紹介しています。
今からキッチンクリーニングをする人はぜひこちらを参考にしてから掃除をしてみてはどうでしょうか。

キッチンクリーニング:壁の種類

キッチンクリーニング:壁の種類

キッチン回りの壁は汚れが付いた沖に落としやすいような素材のものが使われています。
素材にもいくつか種類があり、それぞれの素材別の特徴を詳しく紹介します。
素材によっても掃除方法が変わるので知っておく必要があります。

◇タイル

コンロ回りの壁の素材としてタイルが使われている場合は、対価性が非常に良くて火事の心配を少しでも減らせます。
耐水性もよくてアルカリ性、・酸性の汚れにも強くてすぐに除去できるのでたくさん使われています。
インテリア性が非常に高くてタイルは一番見た目が生えるコンロ回りの壁の素材となります。
実用性と見た目の両方を持っていて利用しやすいのがタイルです。
タイルの欠点と言えば目地部分に汚れが溜まりやすく除去するのに苦労する点ではないでしょうか。
目地も掃除のやり方をわかっていれば、そこまで苦労しません。

◇パネル

タイルと同じくらい壁に利用されるのが、キッチンパネルです。
タイル同様、熱に強くて耐熱性が高く汚れに強くなっています。
何よりもタイルのように目地がないため掃除がしやすくなっています。
材質も豊富で、アルミ・ステンレス・タイル・ホーロー・メラミンなどがあります。
おまけに費用面でもタイルよりも安価に設置できるため、システムキッチンを設置するときによく使われます。

◇ステンレス

一般家庭ではあまり見かけませんが、飲食店でよく利用されているのがステンレス製のパネルがあります。
掃除をしやすい反面、傷もつきやすいので、力を入れすぎると傷がついて、傷に汚れが溜まることがあります。
飲食店などの厨房でよく使われるステンレスですが、一般家庭でも最近使われ始めています。
掃除をするときは硬いブラシや金たわしなどは使わないようにしなければいけません。

キッチンクリーニング:壁の汚れの原因

キッチンクリーニング:壁の汚れの原因

コンロ回りの壁にはいろいろな汚れがついてしまいます。
汚れにはどのような汚れがあるか知っていますか?
キッチン回りの汚れには水をはじいて水垢になったり、食器を洗った石鹸カスなども壁に飛び散ってしまいます。
コンロ回りはこれに、油が飛び跳ねてから落ちにくい油汚れがたっぷりと付きます。
キッチンには汚れのほとんどの種類が付きやすくて、汚れ取りにはいろいろな洗剤が必要になり苦労します。
その汚れを落とすために使う道具や洗剤にはどんなものがあるのか紹介します。

◇重曹水

油汚れを落とすのに適した洗剤で重曹水がおすすめです。
重曹自体は安全性が高く、人体には何も害を与えることもありません。
ナチュラルクリーニング洗剤の一つではないでしょうか。
重曹小さじ1杯に対して水を100mlほどで混ぜ合わせると重曹水が完成します。
造った重曹水をスプレーボトルなどに入れると、使いやすくなります。

◇クエン酸水

クエン酸を使ってクエン酸水を造ります。
クエン酸水は、水100mlに対してクエン酸を小さじ1杯混ぜ合わせます。
アルカリ性の汚れの水垢を落とすのに便利な洗剤です。
注意点として塩素系の洗剤と混ぜ合わせると塩素ガスを出すため身体に危険を及ぼす可能性があります。

◇雑巾

汚れを取るときに雑巾が数枚必要になります。
乾いた雑巾やマイクロファイバークロスもあれば使い勝手が良くて汚れ取りには重宝します。

◇キッチンペーパー

重曹などの洗剤を吹きかけてからキッチンペーパーを貼り付ければ洗剤の浸透を促してくれます。
洗剤とキッチンペーパーはセットで使うとより汚れを落としやすくなります。
キッチンペーパーがない場合は、ティッシュを代用品として使うこともできます。

◇ナイロンたわし・歯ブラシ

洗剤を付けた後にこすって汚れを落とすのに便利なのがナイロン製たわしや歯ブラシがあります。
これらを使って汚れ部分をこするとより一層きれいになります。
ナイロンたわしや歯ブラシなどはスーパーや100円ショップなどで手軽に購入できるので用意しておくと便利です。

◇スポンジ

スポンジもキッチンの汚れを取り除くときに役に立ちます。掃除をするときに使う道具や材料について調べてみました、汚れ落としにはスポンジが大切です。
cyっとした汚れであればスポンジで落とせます。

キッチンの壁掃除の4ステップ

キッチンの壁掃除の4ステップ

汚れにはいくつか種類がありますが、キッチンの汚れを落とすのに最適なステップとして4宇のステップがあります。
最初はこすり落とす落とし方です。
軽い汚れを落とす時に行います。
次に油汚れを落としていきます。
油汚れは簡単には落ちません。
油汚れの落とし方としては、重曹水を使うか中性洗剤を使ってこすり落としていきます。
酢音字では落ちないような頑固な油汚れの場合は、たわしなどを使ってこすり落としていきます。
力加減には注意して、壁に傷がつかないようにしましょう。
それでも汚れが落ちない時は、重曹水を吹き付けてからキッチンペーパーを貼り付けます。
そのまま10分程度放置して重曹水が浸透するようにします。
時間経過後にキッチンペーパーを取り外してからスポンジでこすり落としています。

次に取るのが水垢です。
水垢は放置していると何層にも重なり合ってできるので、早めに落としていかないと徐々に落ちにくくなります。
水垢取りにはクエン酸水を吹きかけてから、その上にキッチンペーパーを貼り付けます。
そのまま30分ほど寝かせておきます。
時間経過後にキッチンペーパーを取ってからたわしやスポンジでこすり落とします。
あとは水拭きをしてから汚れをきれいにふき取ります。

コンロ回りの頑固な汚れ対策

コンロ回りの頑固な汚れ対策

キッチンクリーニングで壁の掃除をしますが、同じ壁の掃除でも厄介なのがコンロ回りの壁です。
コンロ回りの壁は、他の壁と比べても汚れが酷くて普通に掃除をしてもなかなか汚れが取れません。

◇汚れの原因

コンロ回りの壁には、料理でコンロを使うため料理中の油が飛び散ってから壁に付きます。
何度も油が飛び散ってからついてしまうと落とすのに苦労します。
油だけではなく油煙や調味料なども同時に壁に付着します。

◇油まみれの壁の掃除方法

油まみれの壁の掃除をするときには使う道具には、重曹・スプレーボトル・雑巾・キッチンペーパー・ラップを用意します。
水100mlに対して重曹を小さじ1杯入れてかき混ぜます。
キッチンペーパーを壁に貼り付けてから重曹スプレーを散布していきます。
べったりとキッチンペーパーが壁に通まで吹きかけていきます。
壁全体に重曹スプレーを吹きかけてキッチンペーパーを貼り付けたら、ラップを貼り付けていき重曹水が蒸発するのを防ぎます。
10分程度放置してからはがします。
雑巾で汚れをふき取っていきます。

キッチンクリーニングおすすめの壁の掃除法!まとめ

まとめ

キッチンクリーニングの中で壁の掃除をするときに、場所によって汚れの度合いが変わり、それごとの掃除方法について詳しく紹介してきました。
その掃除方法の勉強ができたのではないでしょうか。
特にコンロ回りの壁の掃除には注意が必要で、きれいに汚れを落とすにはそれなりの道具や洗剤が必要になることが分かったのではないでしょうか。

初回限定1000円OFF

【2020年05月30日 13時45分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【2020年05月30日 13時45分現在】 
お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事