キッチンで毎日料理を作っていると、コンロの回りの壁がべたべたになったりしませんか?
そんなべたべた汚れをきれいにしようと試みてもなかなかきれいにならないとう人は必見です。
キッチン回りのべたべたした壁の掃除もやり方さえわかっていれば簡単に落とせます。
間違った掃除方法を行っていたのでなかなか汚れが取れなかっただけです。
今回キッチン回りの部食べて汚れの落とし方を詳しく紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

キッチンクリーニング:壁がべたべた汚れる原因

キッチンクリーニング:壁がべたべた汚れる原因

キッチンの壁はほかの部屋などと違ってべたべた汚れがつきます。
キッチンの壁だけべたべた汚れてしまうのはなぜなのでしょうか?
キッチンのべたべたの原因がわかれば掃除方法や使う洗剤もはっきりします。
べたべたの汚れの原因は、普段の料理にあります。
毎日魚や肉料理を作っていると、油が回りに飛び散ってから汚れが壁についてしまいます。
それだけではなく、料理中にでる蒸気中にも油は含まれていて、自然に油を壁や天井などについてしまいます。
この蒸気中の油は取り除くことができないため、掃除をして壁についた油汚れを取る必要があります。
単なる油汚れだけであればそれも取りやすいのですが、油と一緒にほこりなども混ざっていて、最終的にカビが発生することもあります。
そうなると大変なので、早い段階で壁の掃除をする必要があります。
コンロ回りやキッチンの上面の掃除は良くしますが、壁の掃除まではなかなか行き届かないものです。
敵機的なキッチン回りの壁の掃除をしないと汚れが溜まっていき、油まみれになってしまいます。

重曹を使ったキッチン壁の汚れの落とし方

重曹を使ったキッチン壁の汚れの落とし方

キッチンの壁の掃除をするときに、よく使われる洗剤として重曹があります。
重曹はどこの家庭でも常備しているところは多く、いつでも掃除に使える洗剤ではないでしょうか。
重曹を使ったキッチンの壁の掃除方法を詳しく紹介します。

◇キッチン壁の掃除で用意するもの

重曹・スプレーボトル・タオル・お湯を準備します。
スプレーボトルは100円ショップで販売されているので手軽の手に入ります。
スプレーボトルに40度のお湯を200ml入れてから重曹を小さじ二分の1杯入れて混ぜ合わせます。
これで掃除の準備が完了です。
重曹を溶かすときのお湯の温度には注意が必要です。
65度以上のお湯に溶かすと、水、二酸化炭素、炭酸ナトリウムに分解されて強アルカリ性となるため危険です。
溶かすときの温度を65度以上にしないように気を付けましょう。

◇掃除手順

造った重曹水を壁全体に吹き付けていきます。
その後乾いたタオルなどでふき取っていきます。
油汚れなどは酸性の汚れなので、弱アルカリ性の重曹はマッチした洗剤です。
アルカリ性洗剤を使って酸性の油汚れを中和させることで落としていきます。
さらに重曹の利点として、匂いを消す消臭効果もあります。
油汚れだけではなく、壁について魚や肉の臭いにおいも一緒に消臭してくれます。
重曹は身体に優しい洗剤で、食器洗い洗剤よりも体に優しいため、子供が触っても問題ありません。
安全面でも本当に助かる重曹を使った掃除方法です。

◇重曹をペースト状にして汚れを落とす

重曹を使った壁の掃除方法には、ペースト状にしたもので汚れを落とすやり方があります。
重曹と酢を使うとよりきれいに汚れを落とせます。
重曹に水を入れてペースト状にします。
ペースト状の重曹を壁に塗り付けていきます。
塗り付けた重曹を10分ほどパックしてから取り除きます。
はがした部分は約2倍程度に薄めた酢を使ってか壁の汚れを取れます。
重曹に加えて、クエン酸を含んでいる酢をそのあとに吹きかけてから発砲させることで汚れをきれいに落としていきます。

キッチン洗剤を使ったキッチン壁の汚れの落とし方

キッチン洗剤を使ったキッチン壁の汚れの落とし方

重曹やクエンさんを使うのではなく、台所用の中性洗剤を使って汚れを落とすことができます。
普段使っている食器洗い用の洗剤を使って壁の汚れを落としていくやり方です。
台所用の洗剤であれば、どこの家庭でも持っているのですぐに実践できます。
台所用洗剤を使った掃除方法を詳しく紹介します。

◇道具や洗剤を準備する

最初にキッチン用洗剤・キッチンペーパー・ふきん・歯ブラシ・スプレーボトルを用意します。
洗剤は台所用の中性洗剤で大丈夫です。
壁に付いた油汚れを落とすこともできるのです。
掃除をするときに準備した洗剤と道具を使って実際に掃除をしてみましょう。

◇掃除手順

掃除手順としては最初に洗剤水を造ります。
水100mlに対して洗剤を数的落とします。
洗剤水の濃度は使う洗剤によっても大分変ってくるので調整します。
洗剤水を壁に向かって吹きかけていきます。
そのまま5分間ほど放置しておきます。
その後洗剤益が垂れてきたりしていたら乾いたタオルなどでふき取ります。
吹き付けた壁にキッチンペーパーを貼り付けてからさらに時間を置きます。
時間経過後にキッチンペーパーを取り除いてから乾いたタオルでふき取ります。
これで壁の汚れが落ちない時は繰り返し2回目を行います。

キッチンの壁をきれいにするための予防策

キッチンの壁をきれいにするための予防策

キッチンの壁をできるだけ汚さないようにできれば、それが一番ではないでしょうか。
壁の掃除を少しでも軽減できるように事前に汚れ予防をすれば本当に楽になるのです。
キッチンの壁を汚さないように予防する方法をいくつか紹介します。

◇アルミのフェンス

コンロを使うときに油汚れが飛び散らないようにするために、アルミ製のフェンスをコンロの壁の間に置けば壁の油汚れを減らすことができます。
スーパーやホームセンターなどで3枚セットで1000円もしないで販売されているコンロを覆う形で使うアルミ製のフェンスです。

◇壁シート

アルミ製のフェンスより汚れを防止してくれるのが、キッチン壁用汚れ防止シートです。
貼るときに気泡が入りにくいので、見た目を損なうこともほとんどありません。
防止シートであれば、完全に汚れをシャットアウトしてくれます。
汚れてきたら、はがしてゴミ箱にポイっとするだけでOKです。
次の新しいシートを貼り付ければ、キッチン回りの壁の掃除はほとんど必要ありません。

普段からこのように汚れの予防策を行っていると、キッチンクリーニングをしなければいけなくなったときに掃除時間を短縮してくれて、楽に掃除ができます。
一番時間が掛かる油汚れがほとんどつかないので、掃除をするときもくになりません。

キッチンの壁のべたべた汚れをきれいに掃除する方法まとめ

まとめ

キッチンクリーニングをするときにコンロ回りの壁には、油汚れをはじめとしてたくさんの汚れが付いていますが、掃除のやり方や使う洗剤などを紹介してきました。
キッチン回りの掃除をするときは、空で引かなかった汚れ取りも比較的簡単にできる方法を紹介しているので、参考にして、掃除時間の短縮をしてみてください。
掃除を簡単にするのはそれだけではなく、汚れ防止策も紹介しているので参考にしましょう。

初回限定1000円OFF

【2020年05月30日 14時41分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【2020年05月30日 14時41分現在】 
お電話すぐに対応いたします。
おすすめの記事